有村架純の姉藍里 グラビア画像と俺の持論で好感度アップ

「有村架純の姉」で有名になった有村藍里さんが、

深夜放送「俺の持論」に出演し好感度を一気に上げた様です。

 

 

 

自身の職業を「有村架純の姉」と紹介して登場したが、

以前は「有村架純の姉」と名乗る事が嫌だった。

 

 

妹よりも先に新井ゆう子と言う芸名で

グラビアデビューしたにもかかわらず、

 

どんどん妹の架純の方が有名になってしまい、

 

自分の意図せず本名をバラされて、

 

「有村架純の姉」として注目を集め、

 

勝手に売名だとバッシングを受けることになったことも述懐した。

 

 

これはよく考えると本人にとっては、

かなりの屈辱だと思います。

 

自分では意図しないところで、

勝手に騒がれた上にバッシングって。

 

メディアの策略と言うか、

なんでもネタになるターゲットを見つけて、

 

その人を叩けば、それが話題になって大きくなる。

学校などのいじめと同じ図式ですね。

 

 

特に今みたいな情報社会になると、

内容の如何にかかわらず、

些細な事でも一瞬で拡散してしまって、

 

 

白でも黒にされたりしますから気の毒です。

 

人間は基本、人の不幸の方に興味を覚えますからね。

 

 

 


 

有村藍里自身、

「売名してやろうという気持ちはなかった」といい、

「妹がどんどんスターになっていった時の気持ち」を
聞かれると、

 

「妹は妹、私は私。頑張っているな、尊敬しているなっていう気持ち」

と率直に吐露。

 

名前が知られておいしいという思いも
「全くなかった」と言い切った。

 

しかし、本人の思いとは裏腹に誹謗中傷は増え、
絶望的な精神状態に至ったという有村。

 

3ヶ月芸能活動を休止し、引退も覚悟したことを家族に打ち明けた時に、

妹・架純から

「私のこと気にしてお姉ちゃんが好きなことをできないのは嫌!!」

という言葉を受けて、

 

バッシングを受けとめて振り切ることを決意。

その一歩として、芸名を本名の有村藍里にした。

 

(modelpress編集部)

 


 

この時は、精神的にかなりきつかったでしょうね。

しかし、妹との絆は強そうで、
架純の言葉で、ありのままの自分でやり直す

気持ちになって正解だったと思います。

 


「売名だと思われても仕方ない」などの
誹謗中傷を受け入れて以降、

 

それまでローカル番組や雑誌に登場したことが

なかったにも関わらず、

ゴールデン番組の出演オファーが殺到するなど
環境は変化。

 

「叩かれて学んだこともいっぱいあった」

「あえて自分で検索してみまくった」など、

 

それまでの壮絶な歩みを淡々と話す有村の様子に

MC陣は「軽く喋ってるけど相当乗り越えた感じがしますね」

と脱帽していた。

 

(modelpress編集部)

 


 

凄くいい経験してると思います。

 

その当時はかなり辛かったと思いますが、
それを乗り越えた先にはきっと、
幸せな未来がある気がします。

 

また、「結果的に『やっぱり売名だったんだ』
っていう声もありますよね?」との疑問には、

 

「しなくても言われていたので、
どうせ言われるんだったらチャレンジしてみようと」

と決意した胸中を告白。

 

「どうやったらそんなに強くいられる?」
との問いかけには、

 

「私も自分のことを嫌いだと思っていたんですけど、

ファンの人が自分のことを好きって言ってくれるのを感じると、

自分のことを嫌いっていうのは申し訳ないなって気持ちに変わってくる。

 

なので、少しでも好きになりたいっていう気持ちを

持つと周りのバッシングは気にならなくなった」と、

 

世間の批判よりファンの気持ちを考えていることを明かした。

 

 

さらに、毎日エゴサーチしていることも打ち明けた上で、

 

「(有村架純の姉だと)バレる前は何もなかったけど、

世間から目に触れる機会が増えてバッシングも増えましたけど、

応援してくれる声も増えた」

 

とも報告した。

(modelpress編集部)


スポンサーリンク


 

 

 

バッシングされると言う事は、それだけ注目もされているという事なので、

オセロの様に上手くいけば、一発大逆転もあると言う事ですし。

 

仮にひとりでも応援してくれる人がいるなら、
そのファンを大事にして、そこから拡げていく事も大事ですね。

 

仮に誰もファンがいなくても、自分だけは自分を

嫌いになったらダメと言う事ですね。

 

上手くいかない時は自分を責めて、否定する傾向にありますが、

そこは強い信念で自分を認めて自分を好きになる事が

すごく大事だと思います。

 

 

 

有村藍里の話に涙

最後に、誹謗中傷されても強くいられる信念として

「やって後悔することもあるが、やらないで後悔する方が嫌だ」と説き、

「自分のことを好きになれるならきっと応援してくれる人がいるはず」

と結論づけた有村。

 

スタジオの観覧客には有村の話を聞いて涙する人も。

 

ネット上にも有村の持論に心を動かされた人の
コメントが続々と寄せられ、

 

「素晴らしい人間性」

「単純なぶっちゃけキャラだと思ってたけど大間違いだった。

一気にファンになった」

 

「好感度爆上がり」

 

「本当にスゴイなぁ…素敵」

 

「可愛い!そしてこれから推す」

 

「普通に泣いちゃった」

 

「イメージが一気に変わった」と反響を呼んでいる。

 

(modelpress編集部)

 


 

まさにマイナスからプラスに。

黒から白にひっくり返った瞬間じゃないですか。

 

 

やはり、人は勝手な周りのイメージで判断せず、
本当の中身を見ないといけませんね。

 

別名義 新井 ゆうこ(旧芸名)
生年月日 1990年8月18日
現年齢 27歳
出身地 兵庫県伊丹市
血液型 O型
公称サイズ(2016年時点)
身長 / 体重 162 cm / 45 kg
BMI 17.1
スリーサイズ 88 – 55 – 84 cm
カップサイズ D

 

 

有村藍里セクシーグラビア

有村藍里セクシーグラビア2

 

 

これからは、「架純の姉」と言う肩書は外して、
有村藍里として、どんどんメディアで活躍して欲しいと思います。

 

 

出来ればその内に、
バラエティー番組とかで、

姉妹初共演とかを観てみたいですね。

 

 

(この写真は似てる)

 

 

例えばダウンタウンの「本音ではしご酒」
なんか最高に面白そう!

 

 

これから、私も応援していきますよ!

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

関連記事

大恋愛~僕を忘れる君と~ムロツヨシと戸田恵梨香はさんましのぶに匹敵?

大恋愛~僕を忘れる君と 自分を忘れていく恋人を 愛し続けることはできますか? &nbs

記事を読む

高橋一生【行列のできる相談所のゲスト!】エピソードとみんなの反応まとめ

高橋一生さんが、 「行列ができる相談所」に出演。   いろんなエピソードを披

記事を読む

「中学聖日記」の有村架純が可哀想で泣ける、岡田健史とは

有村架純さんの主演ドラマが始まったので、 楽しみにして観たのですが・・・。 今回の役柄は、中

記事を読む

キムタクが帰りま10でくら寿司 BG身辺警護人メンバーも参戦

今夜は「帰れま10」にキムタクなどの、 豪華俳優陣が出演しました。  

記事を読む

荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」歌詞付き動画で歌って踊ろう

平野ノラさんがネタにした事で、 32年の時を経て奇跡の復活をした 荻野目ちゃんのダンシングヒーロ

記事を読む

わろてんかのキース役大野拓朗とは?モデルは横山エンタツさん

わろてんかのキース役大野拓朗とは?モデルは横山エンタツさん   わろてんかでここ最

記事を読む

星野 源5大ドームツアー2019 男性ソロ5人目の快挙!

星野 源5大ドームツアー     男性ソロ5人目!

記事を読む

「獣になれない私たち」山内圭哉の存在感が半端ない!

獣になれない私たち 面白いドラマ発見 新垣結衣さんと松田龍平さんの W主演ドラマ「獣に

記事を読む

浅見れいなが結婚お相手は?タバコは吸うの?好きすぎてヤバいものとは?

浅見れいな 女優でモデルの浅見れいなさんが、 本日めでたく結婚を発表されました。 イン

記事を読む

まんぷん牧善之助は誰?浜野謙太の過去、星野源との関係

牧善之助にハマった!   朝ドラ「まんぷく」のモデルは、 日清食品の創設者安藤百

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

深田恭子新ドラマ決定!「初めて恋をした日に読む話」

恋に鈍感すぎて気づかない…深キョン。 イケメンと四角関係 &n

星野 源5大ドームツアー2019 男性ソロ5人目の快挙!

星野 源5大ドームツアー    

廃車手続き簡単!神戸のガソリンスタンドでオデッセイが・・

慣れ親しんだ愛車との別れ   うちの愛車は平

映画「ミックス」が地上波初!新垣結衣の卓球が可愛いすぎ!ストーリーと出演者

今放送中のドラマ、 「獣になれない私たち」を観て、 新垣結衣さ

まんぷん牧善之助は誰?浜野謙太の過去、星野源との関係

牧善之助にハマった!   朝ドラ「まんぷく」のモデル

→もっと見る

PAGE TOP ↑